健気に感じるもの

毎日、歩んでくれることも、踏ん張ってくれることも、本当に有り難いことだと感じる『足』。

この足で、生まれて初めて立った日から、今日までの感謝の気持ちをもって、心から労わる毎日です。

「重かったでしょう?ちょっと動き過ぎたよね。明日もよろしくお願いします…」

就寝前の足裏マッサージをしながら、私のために動いてくれることは、決して当たり前のことではないと思うのです。

なんて健気なこの足…この身体…

そう思うと、しっかりと養生させてあげなくてはいけません。

その中の一つとして、講座時には、レッスン着の足もとに つま先タイプの五本指ソックスを着用。

踏ん張りやすいので、腰痛や膝痛の予防になります。

指の間に生地があるので、サラッとします。

また、汗などによって不衛生にならないよう、ティートゥリーオイルや、それを含むバームでマッサージもします。

もう一つ、健気に感じるのはこちら。

多年生の苺 ♪

どんどん色づいて「農薬も付いていない私を食べて~ ♪」と言わんばかり。

強い日差しから、私を守ってくれる頼もしさと、愛らしさを兼ね備えた存在。

次々と実を成らす可愛い姿は、本当に健気です。

さらにもう一つ、

最近、胸がキュンとなるほど健気に感じたこと…

それは、かつて私が愛用していた大きな革のバッグを大切にしてくれている娘のことです。

身の丈に合った生活をしながら、私の御古であっても、物を大切にして暮らす姿勢が手に取るようにわかります。

そして、疲れた身体をメンテナンスしようと、月一回の私の講座に参加してくれて、仰向けになって懸命に動いている時の姿。

懸命に努めるあらゆることに健気さを感じる私って、甘いのでしょうかねぇ。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。