知るか、知らぬか

なまじ知っていることが多いと、「知らずにいた方がストレスを感じなくて、幸せかもなぁ」なんて思います。

骨や筋肉を養うことに精一杯努めたくても、こんなものを口に入れていたら何も成らない…

そう分かっちゃいても、不本意ながら流れに従わなくてはならない状況に身を投じる時だってあるわけです。

だから、私は入院なんてしたくない。。。

普段から、少しの配慮で身体を養えます。

目に見えない骨。もしも折れたらどうでしょう?

必死になって養おうとするはずです。

毎日、元気で有り難い!ありがとうございます! …『感謝する』と。

どうかこのまま、最期まで元気で過ごせますように …『祈る』と。

そう穏やかに過ごせるために、何をすべきかを考えて、力を尽くして行う …『努める』。

これらのバランスが調わないで、感謝だけで終わったり、願いを叶えてもらうことを祈るだけでは足りないのです。

知りうることを参考にし、実生活に取り入れることが第一歩です。

すべての組織の再生を促して、骨の鉄骨部も養う「シリカ」。

カルシウムだけでなく、シリカが豊富な わかめを甘酢漬けらっきょうと合わせて、簡単な酢の物をこしらえました。

家庭菜園の青紫蘇と赤紫蘇も添えて、骨を強くするビタミンKも摂り入れます。

白と黒の胡麻や亜麻仁も、シリカが期待できるのでパラパラ。

シリカ、知るか知らぬか…

これで骨の形成は大きくちがうだろうと、ただ今 実験中です。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。