意中の…

心に想い慕っている人の話…

ではなく。

最近、ずっと心の中で思っている食材の話です ♪ 笑

意中に何をもっているか、それによって、その人に表れるものは違います。

食に興味のない方もおられるでしょうし、嗜好品のことで頭がいっぱいの場合もあるでしょう。

私の場合は、母が最近「私って、普段もっとたんぱく質を摂っていたけど、今は少なめだわ。」という言葉が、ずっと心に在りました。

現在、骨を養うためにトレーニングに勤しむ母の食事は、自分で作れない場所に居るため、本位には満たない様子。

私の心の中で、それを満たすためには何が必要かと考えあぐねていたのです。

そして、ようやくひらめきました ♪

高い栄養価による滋養作用が、大いに身体を補強する “うずらの卵” !

うずらちゃんには失礼ながら、ここ一年ほど意中に存在していませんでした。

ニワトリの卵より高い栄養価。

3~4個食べるだけでも貧血に効果的。

食品のたんぱく質で不足しがちの必須アミノ酸のリジンが、他の卵より豊富。

枚挙にいとまがないほどの効能で、ご高齢の方も、妊婦さんやお子様にもおすすめです。

胃腸を元気にするためにも、身体を補強して脳を健やかにするためにも、忘れがちなこの食材を積極的に摂りたいと考えています。

(胃腸に未消化のものがあったり、余分な水分が滞りがちな「食積痰湿」気味の人は控えます。)

このたびは、『秋鮭の甘酢あんかけ』の野菜あんに加えました。

酒などで下味をつけた秋鮭は、先日お伝えした高野豆腐の粉をまぶしてソテー。

まずは、新生姜とねぎで香りを出してから人参、もやしと豆苗、なめこ、うずらの卵…を使った黒酢あんを好みの味に調えて、トロンとのせました。

水分量にもよりますが、なめこを入れると、葛粉 もしくは片栗粉を使わなくてもとろみがつきますよ ♪

栄養たっぷりの秋鮭を美味しくいただきながら、うずらの卵でより補強。

黒酢を使った野菜あんかけによって、ミネラル分の吸収も高まるのです。

秋味を満喫し、より滋養効果を得る!

なんて有り難いことでしょう。

心の中に留めたい、小さな形の大いなる恵みです(*^^*)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。