正体

隔週クラスで久しぶりにお目にかかる皆様より、先々週の体調をご心配くださる御言葉をいただきました。

おかげさまで、あの時のような酷い?の赤みも姿を消し、とても元気に過ごしています。

変化する前の元の姿のことを「正体」といいますが、精神や身体が正常な状態にある時の姿もまた「正体」といいます。

再び正気みなぎる毎日を過ごせることが如何に有り難いことかと、あらためて幸せを感じています。

だからこそ、体調維持と健やかな心身の構築を怠ることはできません。

たとえば、先日のように、?が赤く痒みもある状態の時には適していないネギも、正常になってから暫く経つ今では、疲労回復のためにも食しています。

家庭菜園のネギもフィナーレを迎え、頑張って収穫しているところです。

今回は、ビタミンB群豊富な鶏むね肉の薄切りをしゃぶしゃぶっとして水気を切り、新玉ねぎをトロンとなるぐらいに加熱し(新玉ねぎを加熱したこの感じが好きなので) ネギも加え、梅干しをたたいたもの、黒酢と薄口醤油少々、煮切ったみりん、そして白胡麻を合わせて和えました。

この爽やかな味わいにも、あらかじめ薄味でサッと煮たごぼうを加えて味わいを深くしたり、ネギや玉ねぎで気を昇らせ過ぎないようにごぼうの力で散らして降ろして、調整しています。

ちなみに、あしらった丸っこくて青いものの正体は、「ねぎ坊主」 ♪

塩だけでサッと焼いて、付け合わせにしました。

こうして、ねぎの蕾の部分を塩だけでサッと焼くと、まるで山菜のような風味。乙な味です。

今日は、汗ばみくらいのホットな一日でした。

季節の移ろいとともに変化し続ける私たちが、心身ともに偏りのないニュートラルを心がけることこそ、正体を保つ秘訣だと感じています。

今週も、関わったすべての方に感謝!

お休みは、心をぼーっとさせながら、私の正体を磨きます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。