喜びをもって

2020年が、もう間もなく終わろうとしています。

今、此の世に生きる人それぞれが、戸惑いながらも精一杯生きた年。

私も命いっぱい精一杯、この上ない感謝と喜びをもって過ごしてまいりました。

関わったすべての皆様に深く感謝いたします。

先日、無事に今年の仕事を納め、喜びの多い一年であったことを振り返りながら感慨にふけていました。

このご時世、有酸素運動のクラスは大変リスキーだと判断された方には申し訳ないのですが、「気持ちが良かった!」と心から仰っていただけたことや、ご体調を維持されているご様子に、これまで以上の確信をもちました。

また、新たな御縁で受講開始された方も多く、世の流れに逆行する状況に大きな喜びを感じています。

食生活に関しては、これまでお伝えしてきたことに加え、実践とアップデートを繰り返しながら禍中で学び得た事も、たくさんご提案させていただきました。

自粛期間を経ても、これまでと変わらずご受講くださった生徒の皆様にあらためて御礼申し上げます。

この世界、人類史上において大きな変化を迎える今、大切になってくるのは「かたちのないもの」。

これまでの固定概念を外し、思想や思考、情報なども直感を頼りにしながらフレキシブルに自分の時間を謳歌する…などなど、これからの未来が楽しみです!

側から見れば辛そうなことにも、その人にとって必要なものが凝縮されていると、私は考えます。

この年末、悲しいことが立て続け起こり、涙が止まらないほどに心を洗いました。

人間ってこんなにも涙って出るんだなと、体内の水分量に驚かされます。

その中のひとつである大切な人の入院は、面会も叶わぬ今、祈りが届くように念じるばかりです。

この経験も、ご受講くださる皆様にお役立ていただけるよう反映できれば、それこそ本望!

すべてに愛と感謝、喜びをもって向き合いたいと思います。

今年のラストにご紹介するのは、こちらの一品。

「酒粕入りオニオングラタン風スープ」です^ ^

馴染みのカフェでいただく酒粕クッキーが、チーズのような風味で美味しいことから、きっとこうなる♪と想った味になりました。

オリーブオイルとギーを使い、たっぷりの玉ねぎ(切ってから空気にさらす)、ニンニク、エリンギはサイコロにカット、それらを塩と黒胡椒を用いて炒めたら、コンソメ(私はヒカリ食品さんのものを使用)とお湯でコトコト。

旬の芽キャベツは、直ぐに味が染みやすいように4等分にして加えます。

味を調えてから酒粕を少量溶き入れたら、予めカリッと焼いたカンパーニュにセルロース不使用のチーズをのせて、こんがりと焼き色をつけました。

中はこんな感じ。

味わってくれる人の顔を思い浮かべながら、喜びをもってこしらえると、美味しさにも深みが出ます。

ネガティヴな心で作ったものや、真心のこもっていないものは、身体にもマイナスにはたらくことでしょう。

形のない見えない想いが伝わる…まさに今ここから実感される人も多くなるのではないでしょうか。

これから迎える新しい年も、心と目線を重ね合うことが出来る全ての皆様にお役立ていただけるよう、世界の平和とともに祈念いたします。

本日もご覧くださった皆様、誠にありがとうございました。

どうぞお健やかに良い御年をお迎えくださいませ。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。