グリコーゲン補給

一日に幾つかのレクチャー。

朝から夜まで、「動きっぱなしの喋りっぱなし」となると、自分のエネルギーが枯渇していくのがわかります。

毎日、肝心なものを補給して吸収させ、細胞を修復させないと翌日に障ります。

翌日、お越しくださる方々に申し訳ないことはしたくありません(^^)

良い手立てはないものか…

あります(*^^*)

例えば…

こちら、牡蠣の味噌汁です。



こんなに気温が上がってきたのに⁉︎  と、思われる方も多いでしょうね。

実は今、牡蠣の一番美味しい時期なのです。

プリップリしています(^^)

海水温の上昇に伴ってプランクトンも増えますが、それをエサとしている牡蠣は、これから産卵するために栄養をタップリ含んでいます♪

店頭に並んでいるのをご覧になって、パックの水が白っぽくて怪しい…と、お感じかもしれませんが、それこそが最熟を物語っているのです。

怖くなって購入される方が減るので、だんだんと店頭に並ばなくなる…

う〜ん。

せっかくの栄養価を見逃す手はありません。

身体を作るエネルギー源であり、肝機能の向上に必要なグリコーゲン。

細胞分裂を正しく行って新しい細胞を作り、内分泌ホルモンの合成や感染症の予防に必要な亜鉛。

心臓や肝臓の働きを支え、血栓や中性脂肪、そして動脈硬化や糖尿病の予防に必要な タウリン。

血液を増やすことに関わるビタミンB12や鉄や銅。

甘みやうま味を醸し出すアミノ酸。

生でいただくのはお薦めしませんが、この時期の牡蠣は風味も良くて美味しいのです(*^^*)

私は、明日の自分のためにいただきました。

エネルギー源、何で摂り入れるかを考えることは、とっても神秘的です☆

by
関連記事

コメント2件

  • みほ より:

    友麻先生、こんばんは☆
    今日も一日、お疲れ様です。

    店頭で売られている牡蠣のパックの水が白っぽく濁っているのは 最熟を物語っているのですね〜(*^^*)
    良い牡蠣の選び方の勉強になりました。

    ふっくらプリプリで グリコーゲンも補給できる優れた食材の牡蠣。
    その牡蠣入りのお味噌汁を想像するだけで よだれが出てしまいました(*^_^*)♡(笑)

    エネルギー源となる旬の食材を摂り入れる食生活を心がけて行きたいです(^-^)/

  • ゆうま より:

    みほさん、こんばんは(*^^*)
    牡蠣をいただくのは慎重になりますよね。
    この時期、店頭に売れ残っている牡蠣を見ると切なくなります(^^;;
    「あなたの身体のエネルギーになり、細胞を作るお手伝いができますよ。もしよろしければ、私を食べてはいただけないでしょうか?」と懇願しているのに、消費者は悪者を見るような目つき(笑)

    しっかり火を通して、美味しくいただき、元気100倍になりましょう*\(^o^)/*

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。