晦日のひととき

「これから電車に乗ります。自分の足で帰るから心配しないでね。早起きさせてごめんね。まだ寝ててね。」

これは、朝6時過ぎの娘からのメッセージ。

私が車で迎えに行くと思ったのでしょうか。

もう少しだけ…もう少しだけ!寝させてほしい…

愛しい娘が帰るとわかっていても、なかなかお布団から出られません。

けれど、久しぶりに会う娘にバリバリの寝起き姿を見られるのは、母として失格でしょう。笑

大急ぎで身支度を整えました。

ギリギリまで仕事を頑張り、夜行バスで帰ってくる娘のためのお風呂と朝食の準備!

きっと疲れてるんだろうなぁと、消化の良いものをメインにしました。

堅もめんの豆腐は、醤油ベースの味付けでソテーし、上から長芋とろろに柚子を加えたものをトロン。疲労回復を促すためです。

この場合、酵素の恩恵をいただくためには、生のままが鉄則。

これを上からかけて焼き目をつけたりなんかしちゃうと、もったいないことになります。

付け合わせは、小かぶの葉と黒きくらげと椎茸のソテー。

他には、ザ・日本の朝食いろいろ…

「あぁー!カラダが喜んでるぅー!ホンマ罪だわーこの美味しさ!ありがとうございます!…」

と、食べ物のうんちくを語る母親の言葉を遮りながら喜んで食べてくれました。

キッチン周りでのフットワークの軽いこと ♪

やはり、不思議な力が湧き出るありがたさを感じずにはいられませんでした。

そして…

午後からは、猛ダッシュで洗車や買い出し!

人間、頑張ったあとには多少なりとも報いがあるというものですが、それにしても有り難き幸せ!!!

親子水入らずの旅行は、11年ぶりです。

慌ただしかった年月を省みて…というよりも、自然とこみ上げるものがあります。

ふと見ると、娘の目が潤んでいました。

忙しいはずの一日ですが、こちらでゆったりさせて頂いてます。

そして、こちらへ ♪

ログハウスです ♪

詳細は、後日ゆっくりお伝えいたしますね(*^^*)

美しいだけではなく、人間味あふれる温かく清らかな天海さんが司会を務めておられたレコード大賞も、こんなにゆったり見れるなんて…

酉年を前に、まるで鳥の羽休めのようなひとときです。

感謝!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。