ゆるむひととき

本日は、いつものごとく一人で『めふ乃寄席』の朝席へ ♪

「新春恒例出演者勢揃い、錣(しころ)打ちでお出迎え!」…

新しい年が明けて既に3ヶ月ぐらい経ったような気分なので、この清々しい “新春” の文字は、まるで 私の日にち感覚をリセットしてくれるかのようでした。

一番右端の大太鼓を打っておられるのが、林家竹丸 師匠 。

畏れ多くも、小学校1、2年生の時の同級生です ♪

力みのない話術で、いつも大いに愉しませて頂いています。

ご出演される皆様みずから錣打ちでお出迎えくださるなんて、とっても贅沢だなぁと思うんですよね~(*^^*)

嬉しくて思わずカシャッと ♪

開演前には「ぷち落語教室」もありまして、小さなお子さんも楽しそうに聴き入っている様子でした。

粋な笑いが満載の落語。

噺家さんの たくみな話術の芸、絶妙な「間」や「表情」…は、人前で話す機会の多い私にとっては大先生です。

高座を拝聴しながら、自然にこみ上げる笑いの心地よさに、私のあらゆる細胞が喜んでおりました。笑

午後からの昼席は、残念ながら予定があって拝聴かなわずでしたが、次回の4月が今から楽しみです(*^^*)

4月、お近くの方はぜひ!ピピアめふ にまいりましょ~♪

落語の笑いは、カピカピになった心もほどよくゆるめます。

副交感神経の優位なひとときをどうぞ デス。

それにしてもですねぇ…

自宅から車で数分の場所で、心と身体に良い非日常の世界に浸れるとは なんと有り難いこと(≧∀≦)

感謝感謝!です。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。