香る

先日のこと。

「あ、なんだか良い香りがしますね 。」

そのように仰る生徒さんが、私の方をチラリとご覧になりましたので、

すかさず「いえいえ、私ではないですよ ♪」と申しましたが、微かに香るのは…もしや…

やはり私の使用しているオードトワレの香りだったようです。

出始めた頃から使っているアリュールは、人によって香りが違うそうで、それならきっと、体調によっても変化するのだろうなぁと考えます。

香りも奥が深い…

自分で好む香りでも、不快な香りにならないよう、心して身にまといたいものです(*^^*)

天然の香りの中では、柚子の香りが好き。

搾った後の柚子を不織布+ガーゼに包み、お風呂に入れるのなんてだーいすき♪気が巡り、心おだやかになります。

実は、このたび その柚子の香りが、ほのかに香る卵をいただきました。

殻を割る前から、微かに柚子の香り!

割ってみると、やはり微かに柚子の香りがするではありませんか (≧∀≦)!

飼料には、高知産馬路村の柚子皮・ケール・遺伝子組み換えをしていないトウモロコシ・ゴマや海藻・電子イオン水が使われているとか…

よくありがちな、色を良くするために餌にパプリカを多く加えている生産者もおられますが、それとは違います。

こちらを使って、玉子かけごはんにする場合は「塩で味わってみてください」と表記してあるので、いつもの天然塩を卵に少々。

なるほど~この香りと塩は合う!そう感じました。

ニワトリちゃんが食べたもの…

それらが表に現れているわけでしょう?

普段から、ギトギトしたものや甘~いもの、揚げ物やお肉を多めに摂り入れている人が、もしも!ニワトリのように卵を産んだら(産みませんが) 、酸性に傾きまくった臭いの強い卵かもしれません。笑

「私たちは、食べたものでできている」というのを、ニワトリちゃんが身をもって教えてくれているようです。

ちなみに…

玉子かけごはんにパラパラとかけたお塩は、製造の工程が「イオン膜  立釜  乾燥」とか「溶解   平釜   焼成」「逆浸透膜」ではなく、「天日干し   平釜」もしくはそのどちらかの工程で作られた昔ながらの製法の塩を…

そうすれば、柚子の香りがより引き立ちます。

単に塩辛いだけの精製塩は、塩化ナトリウムの純度が99.9%で、ミネラル分は除かれています。

身体にもマイナスしかありませんので、裏をよくご覧になってお買い求めになることをおすすめします。

天然塩は、同じ塩でも味わいが全く違います。

さてと!

今週も、刺激的な充実の毎日でした。

暫くの間、バッグに忍ばせていたお守り代わりの香りが薄らいでしまったところでしたので、明日ぐらい また新たに香りづけをいたしましょう… ♪

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。