疲れ知らず

「寝れば治る」…

この概念が定着したのは、たしか…若い頃。

それから20年以上の歳月が流れました。(もっと…?)

歳を重ねても、そんな若い時と同じような感覚で過ごしている人がいるとしたら、「睡眠だけで、疲れや痛みを取り除こうとしても無理です。」と、ご忠告したくなりますね。

栄養補給と運動と休養のバランスが調っていないのに、医師からの「老化ですね。」の一言で、もう歳だからと あきらめている人がどれほど多いことか…。

食生活と運動は、本当に大切だと思います。

もっと疲れても不思議ではない私が、このように過ごせていることには、ちゃんと理由があるのですもの。

ただし、元気だと思っていても、ハイヒールで駅の階段を駆け上がる若い女性を横目に、ひるんでしまう自分はいます。笑

「私ゃムリはせぬ!」と、心に誓うとともに、見栄えの良い靴では張り合えない身体…

そういえば、週末に帰省する娘は、最近どうなのかしら…

ふと考えました。

来月には、私が結婚した年齢に達するとはいえ、まだ「寝れば治る」年代なのでしょう。

娘と過ごすお盆休みは、かなり詰め込んだスケジュールにお供する予定なので、覚悟を決めてスタンバイ(^^;;

日々、「そう簡単には疲れない!」という身体を運動によって養いながら、食べ物の力で疲れを取り除き、その日の疲れを取るに相応しい休息に努めています。

例えば、こんなものでもバテバテ予防になるのですよ^o^

体内の老廃物を排出しやすくする炭酸水で、紅芋甘麹と玄米甘酒を割りました。

麹は、摂り入れた栄養分をエネルギーに変える役割の酵素も多く含み、お腹の働きをサポートしたり、身体に無理をさせないよう助けてくれる効能が豊富です。

炭酸水で割ると、ほど良い上品な甘さ。

娘にも作ってあげたいと思います。

そして!

スケジュールのメインとなるチケットも入手できて、受け入れ態勢も万全!

 

 

私も楽しみ ♪

疲れ知らずの元気な休暇を過ごしたいと思っています^o^!

 

 

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。