秋を求めて

晩夏の候…

湿気混じりの生暖かい風が、今日も私の?を撫でます。

店頭には、旬のはしりの秋刀魚が登場。

秋が恋しいほどの暑さですから、秋の味覚を見るとホッとしますね(*^^*)

新物は脂ののりが少ないので、私はこんなふうに料理します。

元気が出る一品です(*^^*)

さんまには、あらかじめお酒をふってあります。

軽く塩をしたら、全粒粉小麦粉少々とカレーパウダーを馴染ませてソテーします。

塩焼きの時のように、大根おろしこそありませんが、抗酸化作用の高い野菜類を付け合わせることも大切。

赤パプリカやモロヘイヤも一緒です。

こちらのモロヘイヤは、カレーの風味が加わっています。

香りを出すために、フライパンにオリーブオイルを入れてから、ニンニク一欠片とカレーパウダーを熱します。

そこに、茹でてたたいたネバネバのモロヘイヤに出汁や天然塩など少々を加えてソースの様に、秋刀魚に添えます。

暑い季節こそ、カレーパウダーのターメリックが効果的。

添えた野菜類と共に抗酸化作用を働かせてもらい、こんがりした秋刀魚による酸化を防ぎます。

理屈を知ると、加熱した芳しい秋刀魚を単体でいただくことは避けようと、付け合わせの意味を再認識します。

詳しくは、また講座にて(*^^*)

本日は、今クールラストの座学講座 ♪

お昼過ぎの眠たくなる時間ですが、意欲的にご参加くださる方々に心より感謝!

食生活の習慣を向上させるべく、真摯な眼差しが私に向けられます。

次回のクールは、大阪 梅田教室が 9月22日から。

神戸教室は、9月8日からの途中参加もOKですし、きりの良い10月13日の第一回目からもお申込み受付が始まっております。

https://living-cul.com/course/search/lecturer/0031000000g3yxVAAQ/

どうぞよろしくお願いいたします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。