大事な奥の手

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥氏のお写真。

昨日届いた『致知』10月号の表紙です。

毎月、襟を正して手にとりますが、トップの特集記事を読みながら、偉大な方の謙虚で思いやり溢れるお人柄が、深く温かく伝わってまいりました。

研究者として成功するための秘訣「VW」は、市井の人として生きる私にとっても大きなヒントとなります。

今月は、「人生の要訣」というテーマですが、要訣=肝要な秘訣=大事な奥の手 を様々な人生からお勉強させてもらえるなんて、本当に貴重だと感じ入ります。

当然のことながら、自分以外の人の経験は、同じように経験したくてもできません。

けれども、

「何か悪いことが起こった時は『身から出たサビ』、つまり自分のせいだと考え、反対にいいことが起こった時は『おかげさま』と思う。…」

山中氏のような偉大な方がモットーとされていることは、とてもシンプル。

同じように心に留めることも、実はシンプルなことなのです。

人生の奥義を直に伝授していただいているような気持ちで、静かに拝読いたしました。

休日とはいえ、今日も明日も盛り沢山な一日。

夏の疲れが出てきたのでしょうか、ウトウトしちゃいます。

ウトウトぐらいだったら可愛いもんですが、さっきまでフラフラしていました。

何かあった時はえらいこっちゃと思いながら、部屋を片付け…笑

そこまで?

はい。

そこまで危機感をもちました。

近しい人に伝えると、早く寝るように…との言葉。

健やかな心身を保つには、栄養も運動も大切ですが、やはり休養が大切ですね。

人生の要訣といっても良いでしょう。

そして、たったひと口ですが、こちらを一片 ♪

黒にんにくです。

にんにくを熟成させたもので、こちらが含まれる調味料を使用することもありますが、今夜は食後に念を込めていただきました。

にんにくの効能は誰もがご存知ですが、強壮・疲労回復作用があります。

冷えを除きながら、気を巡らせるので、胸がつかえたようなストレスにも効果があります。

1990年に発足した、アメリカの国立がん研究所のデザイナーフーズ・プロジェクトでは、「デザイナーフーズ・ピラミッド」の頂点に、生のにんにくが位置してあります。

けれど、生のにんにくは胃や十二指腸にキツイもの。

その点、熟成させたこちらはマイルドで匂いも気になりません。

もちろん、一日に一片以上は摂らないほうが良いです。赤血球を壊すことになりますし…

冷蔵保存でも良いのですが、プニュっとと柔らかいので、冷凍保存すると皮から外しやすいです ♪

大事な奥の手を使って、蘇りを図る一日でした(*^^*)

この度も、最後までお読みくださり有り難うございます。

ご紹介した月刊誌『致知』は、書店では販売されていません。こちらからどうぞ。

大事な奥の手、あなたにも…の思いです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。