愛を届ける

寒さの中にも春めいた一日。

今年の立春は、なんだかいつもと違います。

124年ぶりに2月2日が節分だというのも然ること乍ら、近ごろの空はとても美しい…

降り注ぐ日差しのエネルギーから、希望さえ感じとれます。

私の目に見える世界では、雲が晴れて清々しい春。

外の世界でも大きな変革を迎えようとしている今、高揚感も一致。
心が躍ります。

このご時世、病院では面会が出来なかっただけに、ようやく大切な人に会えた瞬間、思いっきりハグ!…

お互いが生きているうちに、こんなに感動的再会の喜びを味わえて、最高に幸せな瞬間でした。

会えない期間、着替えなどの荷物を1階で看護師の方に託ける際には、いつも手紙を添えました。

いくら超ドライで超ポジティブな性格でも、病院でお世話になる皆様がお優しくても、さすがにこの状況下を乗り越えるのは辛いはず。

心穏やかに、前向きになれるように…これまでのように歩けますように…と祈りながら、毎回したためていました。

愛と祈りを届け続けていたところ、本人の努力が実を結び、主治医の予想を遥かに超えるスピードで、めでたく退院のはこびとなった次第です。

短期間でスムーズに歩行している姿に感動しつつ、この天の計らいに衷心より感謝!

見えない想いが伝わることを実感すれば、自分に向けて愛を届けることも容易いと言えるでしょう。

自分自身を乱暴に扱うことなく、常に慮り、ひたすらに愛を届けていれば、自ずと答えが表れます。

もっと自分を大切にして愛を注いでいきたい…

その日の体調に合わせた飲食物も、旬のものと調和させながら…

という感じで、みかんも自然栽培を皮ごと味わっています。

あちこちの自然栽培みかんをいただきましたが、こちらは本当に美味しいです^ ^

https://rakuen-ocean.com/ibemikan.html

βクリプトキサンチンの吸収も考えて、中鎖脂肪酸のMCTオイルをかけていただいたものです。

ビタミンCやヘスペリジンの効能はもとより、橙色の皮ごとっていうのが重要です。

普通に皮をむいて食す場合は、皮はお宝なので、天日干しして陳皮にします。

胃腸の働きを助け、気の巡りを促し、去痰や鎮咳効果も期待できます。

経皮吸収として、足浴やお風呂に入れるのも芯から温まるのでおすすめです。

陳皮と生姜のすりおろしに、お湯を注げば美味しいお茶になります。

もちろん古い陳皮のほうが効果的でしょうけれど、1週間干したものでも充分きれいな色と風味を味わえます。

多めに入れて、後から皮も残さずいただきます♪

寒い朝、とても温まりますので御身体に愛を届けてくださいね。

「愛を届ける」といえば…

先日、幸運にも藤井風さんの『HELP EVER HALL TOUR』へ!

昨年5月コロナ禍の中、息子に教えてもらって以来、心酔する素晴らしいアーティスト。

2メートルほど先に風さん御本人が歌って居られるシチュエーション!

天からのギフトのようなお席にも恵まれました^ ^

Nothing but a miracle!

私ごときが申すまでもないのですが、風さんの素晴らしさは、崇高な魂から奏でられるすべての波動によって、惜しみなく豊かな愛を届けてくださるところ。

真実の音や言葉は、心の奥深くに響きます。
(YouTubeで拝聴していたけれど、サックスの演奏にも感動!)

風の時代は、まさに藤井風さんの時代だと確信します。

風さんからの愛を心いっぱい拝受。
娘と二人して更に魅了された珠玉の時間でした。

人生において最も必要な「内なる愛」。

私も、この人生を終えるまでに多くの方々にお届けしながら、自分にもたくさんの愛で満たしてあげられますように。

#藤井風 
#fujiikaze

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。