もっともっと

お休みの今日は、父の月命日。

母家に行ってまいりました。

先日より、家庭菜園の「お芋堀り」もたけなわです(^o^)

顔を見せてくれるさつまいも達の元気なこと ♪

父が毎年行っていたことを引き継ぎ、お手伝いくださる人の手もお借りしながら、思い出に浸りました。

「もっともっと、掘ろうよぉ~。」

掘ったばかりのお芋を得意げに持ち上げて、嬉しそうに写真におさまる子どもたち…

「うちのお芋は最高だな!」と、孫と一緒にホクホクを楽しんでいた父の笑顔が忘れられません。

今年は、大っきなものが多いですが、果たして美味しさやいかに!!です(*^^*)

懐かしの写真がありました。

昨日、母から栗ご飯をお裾分けしてもらったばかりですが、私は「さつまいもご飯」を企てているところです(*^^*)

母家に行ったついでに、ちょいとレッスン ♪

私の家にはピアノを設置せず、特等席が空いていたので里帰りさせてもらっています。

幼い時に父からプレゼントしてもらった、私の名前「MIKA」と入れてもらった世界に一台のピアノ。

私と、子どもたち二人の汗と涙が染み付いています。笑

今日も、ここでフンフンと歌っていたわけですが…

どうも覚えにくい歌詞があります。

何度やっても間違えるほどのまぎらわしさです^^;

キッチンに立っていた母が、音楽につられてやってきました。

少し予感がしたのですが、まさかの的中!

「この歌、好きやわぁ~。

歌詞ねぇ。私が見てあげるっ ♪」

そう言うと、紙に記した歌詞をチェックし始めました。

「そりゃあ、まぎらわしいよね~。」

一応、共感してくれました。

「もう1回歌ってみて。」

「あー!惜しかったー!ココ間違えたっ!もっとやってみて~。」

私が間違えなければスグに終わるのですが、四苦八苦する私。

さりげなく母が申します。

「間違えたら、もう一回最初っからいこっか ♪」

「カンペキにできるまで、やってみて~ ♪」

なんだか、とても嬉しそうにイキイキと言ってくれます。

言い訳をするようですが、母も一緒になって歌うので少し気が散ります。笑

結局、間違えずにカンペキに覚えるまで続きました(//∇//)

汗だくの私に、冷たいお茶を用意してくれた母。

この「もっと!もっと!やればできる!」の精神が妙に懐かしく、宝塚を目指していた頃の母のエールと重なりました。

父の笑い声が聴こえてきそうです(*^^*)

by
関連記事

コメント4件

  • 亘正幸 より:

    お父上の写真とても懐かしいです。昔頂いた友麻さんの6号の油絵を

    今も大事にしています。大事にし過ぎてさっと出てこないのですが…

    亘正幸

  • Atsumi より:

    友麻先生 こんばんは(^ ^)

    心が ほっこり 癒されるブログ。。。そしてお父さまと可愛らしいお子さまの貴重なお写真を有難うございます。

    あの素晴らしい絵画を描かれる お父さまは やはり 私のイメージ通りの素敵な方ですね^ ^

    愛情溢れる御家庭で大きくなられた先生だからこそ 周りにも愛を降り注ぐことがお出来になるんだなぁ~って思いました。

    丸々と美味しそうな さつまいもも可愛くて愛に溢れていますね笑

    因みに 今日 先生が歌われたのは何の曲だったのでしょうか~~^o^

  • ゆうま より:

    亘様、この度はコメントをお寄せいただき誠にありがとうございます!

    父が大変お世話になりました。

    感謝申し上げます。

    今ごろ、どんなにか父が喜んでいることでしょう!

    母も感激しております。

    今後ともどうぞ宜しくお願いいたします(*^^*)

  • ゆうま より:

    Atsumiさん、ありがとうございます(*^^*)

    写真は、子どもには許可をとったのですが、父には…^^;

    もっとカッコイイのがあっただろうと言われそうです。笑

    今年のお芋、とーーっても甘いんです。

    見た目は汚いんですけれどね(*^^*)

    あ、曲名ですか?

    ナイショですよ~ ♪笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。