調整

旅行中の食生活は、私の身体にとって それはそれは贅沢なものでした。

バラエティに富んだご馳走だったとはいえ、帰宅後は野菜類を思いきり欲しています。

長年この身体と付き合っていると声が聞こえてくるようで、ごめんね…という気持ち。

お昼は、いつものようにレクチャー後のランチです ♪

ちなみに、

まるで人生の岐路に立っているかのような表情で(←生徒さん曰く) 穴があくほどジーッと(←お店の方曰く) お品書きを真剣に見て考えるわりには、いつもと同じものを注文する人間です。笑

そのランチでも野菜類は不足します。
身体は、ビタミンやミネラル分が不足すると、いくら沢山の量をいただいても満足しないようにできています。

結局、そんな身体で近くの神戸大丸へ立ち寄りました ♪

地下食料品売り場へ行きますと…

ありました ♪ ありました ♪

念願の台湾バナナです!

会いたくてもなかなか会えない昔からの友と会えたような気分 ♪です(*≧∀≦*)

台湾バナナ独特の香りや甘味と酸味。口あたりも大好き!

毎日でも嬉しいけれど、なかなか出合えないので他国の輸入バナナから“勘”と“知恵”を駆使して、他の製品を買っていました。

お腹が空いてヘロヘロでも、簡単にサッと食べられて「ここぞの力」が出るのはバナナですから(*^^*)

ビタミンやミネラルが豊富なバナナを間食として摂り入れた後は、夜のレクチャーも無事に終えて帰宅いたしました。

先日、TVで【血糖値スパイク】という特集を御覧になられた方も多いと思いますが、空腹時にいきなり糖質を摂り込むと、バンッと血糖値が上昇します。
大量の活性酸素も発生!

大量のインスリンも放出!

急激な上昇とその戻りが身体にもたらす悪影響は計り知れず、動脈硬化や心筋梗塞、ガンやアルツハイマー病などの元凶といえることを立証していた番組でした。

血糖値の急上昇や高血糖が恐ろしいのは言わずもがなですが、日頃から如何に食べるかを熟慮する必要があると考えます。

たとえば、遅い帰宅後に食した今夜の一品…

『ゴーヤーの醤油麹和え 』です。

気温が下がってきた時に、こんな寒性の野菜を??ですが、憂う事なかれでございます。

数秒茹でたゴーヤーに、自家製の醤油麹・新生姜のみじん切りとすりおろしたもの・黒胡麻・白胡麻・かつおのかれぶし…が一緒ですから冷やしすぎたりはしません。

温性や平性の食材も加えて調整するというわけです。

インスリン類似物質を含むゴーヤーを最初にいただくことで、血糖値の急上昇を防ぎつつ、豊富な栄養素も摂り入れられます。

醤油麹は、味噌とはまた別の味わいなので好んで使いますが、発酵食品を少しでも多く摂るにも好都合な一品です。

塩麹も両方作っちゃえば、簡単で安上がり(^o^)

行楽の秋…

美味しくて楽しい旅の後は、様々な角度から適切な状態に調える…

コチラ必須要件です♪

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。